山形県産業創造支援センター
home >> 施設をご利用の方へ >> 支援センターとは

山形県産業創造支援センターとは

イメージ画像  山形県産業創造支援センターとは、次代を担う産業の創造を目指して、新規創業や新分野進出のための研究開発の事業活動の場となるオフィススペースを提供するインキュベーション施設です。

 当センターの管理・運営は、(公財)山形県企業振興公社が県の指定管理者となって担っています。
 当センターには、創業支援アドバイザー及びインキュベーションマネージャーを配置して入居者の支援を行っているほか、国が各都道府県に設置しているよろず支援拠点の総合窓ロが置かれているなど支援機能が充実しています。
 また、近隣には山形県工業技術センター、山形県高度技術研究開発センター、山形県産業技術短期大学校、山形職業能力開発専門校、山形県職業能力開発協会、(公財)山形県産業技術振興機構、(一社)山形県発明協会があり、幅広い連携や支援を受けることが可能になっています。

施設の概要

開設平成11年6月
敷地面積約12,000m²
建物鉄筋コンクリート2階建て
延べ床面積約4,500m²
施設・設備
入居室(賃貸オフィス(レンタルオフィス)スペース)
多目的ホール、マルチメディアホール、会議室
開放機器(大判インクジェットプリンタ、カラー複合機)
情報環境:インターネット常時接続